読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ディラン好きの日記

転がる石のように

【NYひとり旅 回顧録6】ニューヨークとボブ・ディラン

 

こんばんわ、ディラン好きです。

 

『平成生まれのディラン好き』

というキャッチは世の中にまったく浸透していませんが、

私の記事を見れば、いかにディラン好きであるかがわかるでしょう。

 

f:id:dylan-zuki:20150901213003p:plain

 

 

 

f:id:dylan-zuki:20150901213056p:plain

 

 

f:id:dylan-zuki:20150901213114p:plain

(ていうか全体の記事数少なっ!!)

 今日はNYでディランゆかりの地を尋ねてきたので、その報告です。

 ---------------------------------------------------------------------

 

日本を出る前、

Q「なぜNYを選んだのですか?」

A「アメリカを見たくなった。ただそれだけだ」

 

と、調子こいていましたが

実はニューヨークを選んだ目的はいくつかあります。

その最たる目的は、カフェ  “WHA?” に行くことでした。

 カフェ  “WHA?”はディランが歌手になる夢を追ってマンハッタンへ「上京」して最初に演奏を始めた場所、つまり夢への第一歩をスタートさせた伝説の場所なのです。

カフェ・ホワッ?に行くと、フレディは地下のコートや帽子の預かり場所にいると言われ、そこで彼に会った。何をやるのかと訊かれて、私は歌とギターとハーモニカと答えた。彼が何かやってみろと言った。

そして一分後、自分のステージのとき、後ろでハーモニカを吹いていいと言ってくれた。わたしは天にも昇る心地だった。      

  <ボブディラン自伝>より

 

ここだけは、自分の目で見ておかなければならない。

当時、野心と好奇心と性欲に溢れていた大学生のディラン好きは、ついにNYへ行く決心をしたのです。

 

 

カフェ “WHA?”はワシントン・スクエア公園のすぐ近く、 

f:id:dylan-zuki:20150812233835j:plain

  マクドゥーガル・ストリートを歩いていると...

 

 

f:id:dylan-zuki:20150812233901j:plain

ありました!!

これがあの有名な、カフェ“WHA?

夢を追ってNYへ出てきたディランが最初に行き着いた場所!

 

 

 僕はもうこの時点で感激なんですが、

地下へつづく階段を降りると、

f:id:dylan-zuki:20150818223833j:plain

 入口の扉にはなんとボブディランが!私を出迎えてくれました。

 

f:id:dylan-zuki:20150818224549p:plain

 か、かっちょええ...!

 

ここは今でも昼はカフェ、夜はライブハウスとして営業しています。

 私が行った時も、ちょうどライブをやってました。ラッキー!

f:id:dylan-zuki:20150901222725j:plain

 賑わう店内

 

ミュージック・チャージは確か1000円くらいで、そんなに高くなかったと思います。(お酒や料理も良心的な値段でした)

暗めの照明の店内は雰囲気も良いし、店員さんもノリが良くて一緒に写真とってくれたりしました。

 

f:id:dylan-zuki:20150812234552j:plain

最後はみんなで踊って楽しかったです。

 

NYではアポロ・シアターやブルー・ノートなど音楽を楽しめる“聖地”がたくさんあるんですけど、どうも入りづらいんですよね。敷居が高いっていうか。。(値段も高い)

ここはディラン好きじゃない友人も十分楽しめたようなので、

気軽にNYで音楽を楽しみたい方にもおすすめです。

 

ディランが夢の扉を拓いた場所が、こうして今もその姿のまま残されているのは、ディラン好きとしては感無量です。

 いつかマンハッタンへ来ることがあったら、また訪れてみたいなー。

 

それでは今日もこの辺で。

 

【NYひとり旅 回顧録】旅のはじまりと、人生で一番さびしいディナー - ディラン好きの日記

【NYひとり旅 回顧録2】ハイラインで、熱中症にかかった話 - ディラン好きの日記

【NYひとり旅 回顧録3】ダコタ・アパートでジョンレノンの死に想いを馳せる - ディラン好きの日記

【NYひとり旅 回顧録4】男ふたりでSEXミュージアムに行ったら後悔した話 - ディラン好きの日記

【NYひとり旅 回顧録5】〜地下鉄で出会ったちょっとおかしな人達〜 - ディラン好きの日記