ディラン好きの日記

転がる石のように

はてなブログをやめようと思った。

f:id:dylan-zuki:20151215215334j:plain

はてなブログ

ブログを更新しなくなって1ヶ月が過ぎる。

元々まめに更新する方ではなかったけれども、このブログに着手しない1ヶ月は気楽で、とても楽しかった。

というのも、友人に誘われて行ったハロウィンパーティーで運命的な出会いをしてしまい、彼女に骨抜きにされていたのだからブログどころではなかったのだ。

その恋はとある理由で実りそうもなくなったので、私は今こうしてパソコンに向き合っている。誰かティッシュ。

こうして一ヶ月も甘い蜜を吸い続けていると、もう元の生活には戻れそうもない。

 

偉そうなことは言えないけれど、はてなに挙がるブログに、そそられるものがなく興味を失ってしまっていた。

たまに間違ってクリックするエントリは、タイトルの下ネタに釣られて見るものばかりだが、その内容のキモチ悪さに虚無感だけが残る。

私が見たいものは、すでに読者登録している固定のいくつかのものだけになってしまった。

 

一時は読者欲しさに『注目ブログ』を覗いては読者登録でもしようと思ったけど、読者登録をためらわざるを得ないものばかりでやめてしまった。

いちいち納得しなきゃ努力できない性分なので、興味の持てないブログにイイネを押すことにストレスを感じてしまう。

自分を追い込むために、ちゃっかりブログをPro化したが、金を払っても更新する気になれない。末期だった。

 

このままフェードアウトしよう。

今なら誰も悲しまないだろう…

 

 

そんな折、みうらじゅんの本を読んでいたら、

 私は仕事をする際、「大人数に受けよう」という気持ちでは動いていません。それどころか、「この連載では、あの後輩が笑ってくれるように書こう」「このイベントはいつも来てくれるあのファンにウケたい」と、ほぼ近しい一人や二人に対して向けてやっています。

                 『「ない仕事」の作り方』より抜粋

 と書かれていて妙に納得してしまった。

 

私ははてなブログに期待しすぎていたらしい。

ネタがなければ書いてはならない

書くからにはちゃんとしたものを書かないと

と思っていた。

 

けれど、このブログにそんな価値など元々ない。

これからは私も、みうらじゅんのように、ただ一人の読者に向けて記事を書こうと思う。

その人にだけウケればそれでいい。その方が楽しく書けるに違いない。

 実は、いつか雑誌連載をしたい、ラジオに出演したいという夢もまだ捨てきれないでいる。その割には意識が低すぎると思われるかもしれないが、私にはオフラインでの学習がもっと必要なのだ。専門分野の勉強もしたい。

これからは少々コラム的、或いはエッセイ的になるかもしれないけれども、とにかくもうちょっと続けてみようと思う。

 

読者の皆様には、今後とも宜しくお願いしたい。